未分類

妊娠中の夫の態度や発言は一生恨みます

私は旦那が妊娠中の態度や発言を今でも覚えていて恨んでいます。

2人目妊娠中の時、悪阻が大変でした。

吐き悪阻が強く、飲み物食べ物一切受け付けなかったので、産婦人科に点滴に通い、体重も5kgくらい減りました。

悪阻でとてもしんどい私に対して、「しんどそうな姿を見てる方もしんどいから実家に帰ったら?」と言ってきたり、「部屋も汚いし、掃除とかちゃんとして」とか心ない言葉をたくさん言われました。

悪阻で5kgも痩せたら普通妻とお腹の中の子供の心配をすると思うのですが、そんな様子は一つも見せず、とにかく実家に帰れば?と言ってきました。

2人の子供なのに一緒に頑張るという選択肢はないのね、と悲しくなりました。

もうこの人には何も期待できないと思い、実家に1ヶ月ほど帰省させてもらいましたが、その間も特に心配するような連絡もよこしてこず。

1人で伸び伸びと生活していたのだと思います。

実家にいる間は、離婚したいという気持ちでいっぱいでしたが、上の子はパパのことが大好きですし、下の子もこれから生まれます。そんな状態で離婚するなんて言ったら自分の親が許してくれないだろうなと思い、離婚は踏みとどまりました。

悪阻が落ち着いて夫の元に戻った頃、夫の転勤が決まりました。

悪阻が落ち着いたとはいえ妊娠中の引越準備はとても大変でしたが、引っ越さないわけにはいかないのでなんとか頑張りました。

夫は送別会と引き継ぎのために毎日帰りは遅く、引越準備は私1人で細々と進めていましたが、引越1週間前にやっと夫が準備を始めた頃、「全然準備できてないじゃん、もっとちゃんとしてよ」と言われました。

私は毎日上の子の面倒も見て、妊娠中のお腹が大きな体で頑張っていたのに、そんな事を言われて、本当にショックでした。

でも言い返したところで論点すり替えて逃げるだろうし、この人に私の気持ちを分かってもらうなんて無理だなと諦めました。

妊娠中の恨みは一生の恨み、なんてよく聞きますが本当ですね。

一生心の中で恨みます。

-未分類

Copyright© CPクリック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.