未分類

結婚の失敗例とはまさにこのこと

モラハラ。

共感力ゼロ。

自己中。

とにかく、なんでこんな男と結婚したのか、当時の自分を恨むレベルでやばい男です。

それは、結婚した当初すぐにはじまりました。

こちらの予期しないところで不機嫌になり、無視するのです。

「なんで不機嫌なの?」と聞いても「これが普通だ」という返答です。

不機嫌だし、食事を家で食べなくなるし、様子がおかしいことは明らかなのに、屁理屈を言ってきます。

今となってはそれにも慣れて、

「ああ好きにして。知らないし。勝手に不機嫌やってろ」と思っていますが、とにかく邪魔臭い。

もはや触られるのも嫌なレベルです。

ただ、今のところ子供はパパが好きなので、離婚はしません。

このままだと子供に悪影響だ。そう思ったら潮時だ、と常々考えています。

家事育児に参加?イクメン?笑っちゃうレベルで何もしません。

なのに、俺ってイクメン、とか思ってるから末期です。

土日のお休みは昼まで寝て、昼ごはんの頃に起きてきます。

食べて、ケータイで趣味の動画を見る。

気が向いたら息子に見せる。

この、動画を見せる時間が「イクメン」だとでも言うのでしょうか。

そして、また、居間のど真ん中に寝そべって、昼寝です。

そこで「子供が遊べないからどいて」とでも言おうものなら、不機嫌発動です。

不機嫌が発動すると息子のことも無視するので、こちらが我慢することになります。
そして、昼寝の旦那を横目に、イライラをかき消すように、わたしは息子と遊んだり、散歩行ったり、その間にもちろん家事もします。

そしてまた、3時のおやつの頃に起きて、おやつ。

そこからは夕飯までひたすらケータイタイムです。

息子と遊ぶのも気分次第。

気が向けば遊ぶ、気が向かなければ遊びません。

気が向いて遊ぶときも、かまい方が身勝手なので、しつこく抱っこしたりくっついたりして、泣かれます。

それでもやめません。

見ていてイライラしかしません。

お出かけも気分次第なので、もう夫に期待して予定を立てるのをやめました。

お出かけは息子と2人の方が、平和だし楽しく過ごせます。

もう、単身赴任してくれないかな、と祈る日々。

-未分類

Copyright© CPクリック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.